1. ホーム
  2. マイカーローン

マイカーローンは変動金利と固定金利どちらで借りる?メリット・デメリットも

マイカーローンには変動金利と固定金利の2種類のタイプがあり、どちらを選ぶべきか悩む方も多いのではないでしょうか。今回は、変動金利と固定金利についてそれぞれメリット・デメリットを挙げて徹底比較。リスク・金利・返済総額の視点からみたおすすめの金利タイプを解説します。

また、同じ額を変動金利と固定金利で借りた場合のシミュレーションもおこなっていますので、マイカーローンを借りたい方はぜひ参考にしてください。

マイカーローンの金利には変動金利・固定金利の2種類がある

マイカーローンの金利には、固定金利変動金利があります。

固定金利は借入時の金利が完済するまで適用されます。月々の返済額がずっと一定なので、安定した返済が可能です。

一方の変動金利は市場の金利動向によって定期的に金利が見直されるため、ローン返済中に月々の返済額が変わることがあります。なお、一般的な変動金利型マイカーローンの金利見直しは、半年ごとにおこなわれます。

どちらの金利タイプを採用しているかは金融機関によって異なり、どちらか片方の場合もあれば、2種類から選べる場合もあります。

変動金利型マイカーローンのメリット・デメリット

変動金利型マイカーローンは金利が安いため、固定金利よりも多くの方に選ばれています。しかしデメリットもあるため、しっかり特徴を理解したうえで利用しましょう。

変動金利型マイカーローンのメリット

  1. 固定金利よりも返済開始時の金利が低め
  2. 金利が下がった場合は、固定金利よりも返済総額が抑えられる
  3. 固定金利よりも変動金利のマイカーローンを扱う金融機関が多い

さらに、銀行系ローンの「給与口座の利用」やディーラーローンの「特定の車種の購入」などによって特別金利が適用されるマイカーローンは、変動金利型の商品が多いです。

変動金利型マイカーローンのデメリット

  1. 景気の上昇に伴って金利が上昇する
  2. 長期的な収支計画を立てにくい
  3. 返済総額が予想を上回る可能性がある

金利上昇のリスクに備えるためには、家計に余裕をもたせたり貯蓄を作る必要があります。どのくらいの余裕や貯蓄があればリスクをカバーできるのか、契約時点では算出しにくい点も変動金利のデメリットといえるでしょう。

固定金利型マイカーローンのメリット・デメリット

固定金利は月々の返済額が変動しないため、方に人気です。しかし、金利が変動しないということがデメリットになることもあるため、しっかり理解してから選ぶことが大切です。

固定金利型マイカーローンのメリット

  1. 景気変動による金利上昇のリスクがない
  2. 借入期間が長い場合は固定金利の恩恵を受けられる
  3. 契約時点で返済総額が確定するため、返済計画が立てやすい

金利上昇に備えた貯蓄が必要がないのも、貯金が苦手な方からするとメリットかもしれません。

固定金利型マイカーローンのデメリット

  1. 固定金利は変動金利に比べると金利が高め
  2. 市場金利に大きな動きがなければ変動金利よりも返済総額が多くなる

また、固定金利型のマイカーローンは商品数が少ないため、固定金利にこだわると選択肢の幅が狭くなるのもデメリットといえるでしょう。

マイカーローンは変動金利と固定金利どちらを選ぶべき?

変動金利と固定金利はそれぞれメリット・デメリットがあるため、どちらのタイプのマイカーローンを選ぶべきかは悩ましいところです。そこで、「リスク」「金利」「返済総額」という観点から、どちらの金利タイプが優れているか見ていきましょう。

リスクが低いのは「固定金利」

日本では1999年に「ゼロ金利政策」を実施して以来、長期にわたって低金利状態が続いてます。この先大幅に金利が下がることは期待できないため、金利が上昇するリスクについて考えていきましょう。

変動金利は景気変動によって金利が上昇するリスクがあるのに対し、固定金利は完済まで金利が変わりません。このため、金利が上昇するリスクという面では固定金利が優れています。

ただし、借入期間が短い場合は返済期間中の大幅な金利上昇のリスクは低いです。また、繰り上げ返済のための貯蓄を準備しておくことで、金利上昇のリスクをカバーすることも可能です。

金利が低いのは「変動金利」

変動金利は固定金利と比べて借入当初の金利が低い傾向があります。特に近年はマイナス金利政策によって低金利での融資がおこなわれているため、借入時の金利の低さでいえば変動金利の方が優れています。

しかし、現在の低金利状態が今後も続くとは限りません。景気変動で金利が上昇する可能性もあるため、将来にわたって変動金利の方が低金利とは言い切れません。

返済総額は未来の景気次第

固定金利の返済総額は借入時点で確定するのに対し、変動金利では景気動向によって変わります。このため、返済総額は金利変動がなかった場合と上昇した場合で比較する必要があります。

現在の低金利状態が続いた場合は、借入当初の金利が低い変動金利の方が返済総額を抑えられます。一方、景気が良くなり金利が上がって変動金利が固定金利を上回った場合は、固定金利の方が返済総額が少なくなる可能性が高くなります。

このように、どちらがお得かは一概に言えないため、変動で組む場合は金利上昇した場合に家計の収支が圧迫しないか事前にシミュレーションしてから選びましょう。

マイカーローンを変動金利と固定金利でシミュレーションしてみよう

それでは、変動金利と固定金利では毎月の返済額や返済総額にどのような違いが出るのか、それぞれ300万円を5年間借り入れた場合でシミュレーションしてみましょう。

変動金利でシミュレーション

一般的なマイカーローンの金利は半年ごとに見直され、金利が変更されると毎月の返済額も変わります。借入時にどのように金利が動くかを見極めるのは難しいため、金利が変わらなかった場合と上昇した場合、急激に上昇した場合の3パターンで比較してみましょう。

なお、シミュレーションは次の条件でおこないました。

■借入条件

  • 借入金額:300万円
  • 借入期間:5年(60回)
  • ボーナス加算:なし
  • 当初金利:3%

■変動条件

  • A:返済まで金利が上昇しなかった場合
  • B:借り入れの1年後と3年後にそれぞれ1%の利上げがおこなわれた場合
  • C:借り入れの1年後と3年後にそれぞれ2%の利上げがおこなわれた場合

〈変動金利シミュレーション〉

毎月返済額(1年目) 毎月返済額(2~3年目) 毎月返済額(4~5年目) 返済総額
A:金利上昇なし 53,906円 53,906円 53,906円 3,234,333円
B:金利上昇あり 53,906円 54,989円 55,554円 3,299,904円
C:急激な金利上昇あり 53,906円 56,085円 57,237円 3,366,600円

毎月の返済額は、Aの金利の上昇がない場合では変化しませんが、金利が上昇したB・Cではそれぞれ増加します。また、返済総額も金利の上昇幅に応じて大きくなります。

この変動金利シミュレーションを踏まえたうえで、固定金利についてもシミュレーションしてみましょう。

固定金利でシミュレーション

固定金利は金利上昇のリスクが少ない分、変動金利に比べると金利は高めです。このため、変動金利よりも金利を1%高くした次の条件でシミュレーションをおこないました。

■借入条件

  • 借入金額:300万円
  • 借入期間:5年(60回)
  • ボーナス加算:なし
  • 固定金利:4%

〈固定金利シミュレーション〉

毎月返済額 返済総額
固定金利4% 55,249円 3,314,942円

固定金利は変動金利より当初金利が高い分、返済開始時の返済額も高いことがわかります。それでは、固定金利と変動金利の返済総額を金利とともに比較してみましょう。

〈固定金利と変動金利の比較〉

1年目金利 2~3年目金利 4~5年目金利) 返済総額 固定金利との差
固定金利 4% 4% 4% 3,314,942円
A 3% 3% 3% 3,234,333円 -80,609円
B 3% 4% 5% 3,299,904円 -15,038円
C 3% 5% 7% 3,366,600円 +51,658円

金利が上昇しなかったAは、もちろん固定金利よりも返済総額は少ないです。また、金利が上昇したBでは、4~5年目で金利が逆転したにもかかわらず固定金利よりも返済総額が抑えられています。一方、金利が急激に上昇したCでは固定金利よりも返済総額が上回る結果となりました。

このように、金利の上昇がない、または緩やかに上昇した場合は変動金利の方が有利ですが、急激に金利が上昇すると固定金利の方が有利になります。

ただし、あくまでシミュレーションのため、実際の金利は各金融機関により異なります。また、借入期間によってもどちらを選ぶべきかは変わります。マイカーローンを借りる前には銀行などのローンシミュレーターを使い、毎月の返済額や返済総額を試算してみましょう。

変動金利・固定金利のメリット・デメリットを理解して最適なマイカーローンを選ぼう

変動金利と固定金利はどちらにもメリット・デメリットがあります。どちらがお得かは景気に左右されるため、特徴を理解したうえで慎重に選びましょう。また、どちらの金利を選ぶとしても、金利の低さは重要です。複数のマイカーローンを比較して、金利の低いプランを探しましょう。

しかし、たくさんの中から自分に合ったマイカーローンを選ぶのは手間がかかります。そこでおすすめなのがクラウドローンです。クラウドローンに登録すれば、希望する条件で融資可能な銀行が直接プランを提案してくれるため、銀行ごとに資料請求する必要はありません。

申し込みから借入までの手続きはすべてオンラインでできるので、平日に休みを取って銀行に足を運ぶ必要はありません。また、審査もスピーディーなので、急いでマイカーローンを借りたい方にもおすすめです。

ホームページでは3分でできる無料診断を用意していますので、まずは希望する金額が借りられるかチェックしてみましょう。

クラウドローン


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2022年08月17日
マイカーローン
カーリースとマイカーローンのメリットデメリットどちらが得か
カーリースとは一定期間車を借りる(リース)契約のこと カーリースとは、リース会社の保有している車を一定期間借りる契約(リース契約)のことです。 車の所有者はリース会社になる リース契約では、車の所有者はリース会社で、使用者が顧客(本人)となります。レンタカーと同じ「わ」ナンバーを使うのが一般的です。…
2022年08月16日
マイカーローン
低金利のバイクローンを選ぶには?銀行系バイクローンのおすすめも!
「バイクローンを利用したいけど、金利はできるだけ低く抑えたい」と考えるのは当然です。しかし、実際のところは「銀行系バイクローン」と「ディーラー系バイクローン」のどちらを選べばお得なのかわからない方も多いはず。 今回は、金利や特徴などそれぞれの違いを比較しながら解説しながら、低金利のバイクローンを選ぶ…
2022年07月27日
マイカーローン
マイカーローンを借り換えて負担を少なく!メリット・デメリットを知ろう
マイカーローンは金融機関ごとに金利が異なるため、借り換えることで金利負担を減らせる場合があります。ただし、低金利のマイカーローンへの借り換えが必ずお得になるわけではないため、しっかりとした検討が必要です。 今回は、マイカーローン借り換えのメリット・デメリットや、借り換えを検討すべき人などを徹底解説。…

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる