1. ホーム
  2. マイカーローン

マイカーローンは年収以上の借り入れも可能?【年収別の借入可能額】目安をチェック!

「車を購入したいけれど、資金が足りない」そんなときに役立つマイカーローンですが、年収以上でも借りられるのでしょうか? 今回はそんな疑問に答えるとともに、マイカーローンの上限額の基準や、年収以上の車を購入するために効果的な対策を紹介します。

また、年収別の借り入れ目安やマイカーローンの審査基準についても解説。マイカーローン選びに役立つサービスも紹介していますので、自分に合ったマイカーローンを見つけて憧れの車を手に入れましょう。

マイカーローンは年収以上の金額でも借りられる?

「借り入れ可能な金額は年収の1/3まで」という話を聞いたことはないでしょうか。これは、貸金業法に基づく「総量規制」と呼ばれるルールで、返済能力を超えた貸付(年収の1/3を超える貸付)を原則として禁止しているためです。

しかし、マイカーローンは貸金業法が適用される貸金業者からの借り入れには当たりません。つまり、総量規制の対象外となるため、年収以上の金額を借りることは不可能ではありません。ただし、借入額はさまざまな基準により制限されるため、年収以上のマイカーローンを組むというのは難しいといえます。

実際のマイカーローンの借入額の上限となる基準について詳しく見ていきましょう。

金融機関には融資の限度額がある

まず、金融機関ではマイカーローンの融資限度額が決められています。融資限度額は各金融機関ごとに異なるもののおおむね500~1,000万円程度のため、年収2,000万円のような高収入な方は、年収以上のマイカーローンを組むことはできません。

年収が融資額の基準になる場合もある

借入額が高額の場合、前年の年収が融資額の基準になることがあります。よくいわれる「ローンは年収と同じくらいまで借りられる」という話は、この基準がもとになっています。

融資基準は金融機関ごとに異なるため一概にはいえませんが、特に500万円を超える高額なマイカーローンでは年収が一つの目安となるようです。

最低年収の基準が設けられていることも

金融機関によっては最低年収が設定されている場合もあり、基準を満たさないとマイカーローンを組むことができません。金融機関ごとに基準の有無や金額は異なりますが、一般的にマイカーローンを組める最低ラインは年収150万円といわれています。

マイカーローンには審査がある

マイカーローンを申し込む際は必ず審査があり、年収や勤務先、勤続年数などの情報をもとに、返済可能か判断されます。このため、年収を超える金額の借り入れを希望しても、返済が困難と判断されるとマイカーローンを組むことができません。

借入金額の目安はどのくらい?

それでは、年収に対してどれくらいの金額までなら借りられるのでしょうか。まず、目安とされる借入上限額返済負担率について解説していきます。

借入上限額

借入上限額は、年収を元に計算した借り入れ可能な金額です。年収の年収の30~40%が目安とされており、年収にこの数字を掛けるだけで算出できます。例えば年収300万円の人の場合90~120万円です。

返済負担率

借入上限額は借入期間や他社の借入金額が考慮されていないため、もう少し詳細な目安を知りたいときは返済負担率から計算しましょう。返済負担率とは年収に占める年間返済額の割合で、マイカーローン以外の返済も含めて次の式で計算します。

審査を通過するための返済負担率の目安は25~35%とされています。例えば年収300万円の場合、年間の支払いが75〜105万円(62,500~87,500円/月)以下であれば借り入れできる可能性が高いといえます。

自分の年収でいくらまで借りられる?

それでは、前の項目で解説した借入上限額と返済負担率を元に、年収別の借入可能額と年間返済額の目安を見てみましょう。

年収 借入可能額(年収の30〜40%) 年間の返済額(年収の25〜35%)
200万円 60〜80万円 50〜70万円
300万円 90〜120万円 75〜105万円
400万円 120〜160万円 100〜140万円
500万円 150〜200万円 125〜175万円
600万円 180〜240万円 150~210万円
700万円 210〜280万円 175~245万円

借入可能額だけを見ると年収以上のマイカーローン借り入れは難しく感じます。しかし、例えば年収300万円の人が3年間で年に105万円返済するということは、総額315万円支払うことになり、年収と同程度までの支払いは可能ということがわかります。

ただし、表の金額はあくまで目安です。実際は自分が毎月どのくらいまでなら支払えるか見極めたうえで、銀行のホームページなどのローンシュミレーターを使い無理なく返済可能な借入額を算出してみましょう。

マイカーローンの審査基準

希望する借入額が借入上限額や返済負担率が目安の範囲内だったとしても、審査が通らなかったり借り入れに制限が出る場合もあります。このため、マイカーローンの審査基準についても知っておきましょう。

勤続年数

マイカーローンは返済期間が長いことから収入の安定性が重視されます。なかでも勤続年数は社会的信用を表す重要な指標となります。社会人1年目や転職したばかりの方は勤続年数が長い方に比べると離職の可能性が高いため、審査は通りにくくなります。

就業形態

就業形態も収入の安定面で重要な基準です。自営業は会社員や公務員に比べると景気などの影響を受けやすいことから、年収が同じでも審査は厳しくなります。

また、パートやアルバイトは正社員と比べて収入が不安定のため審査に通らなかったり、「10万円以上100万円以内」などの条件がつく場合もあります。

信用情報

「信用情報」とは、クレジットカードの支払いやローンの借り入れなど、個人の金銭取引をまとめたものです。これまでの借入額や返済履歴が確認できるほか、自己破産や債務整理、返済の遅れや滞納による強制解約など金融事故の情報もチェックされるため、信用情報に問題があると審査の通過が難しくなります。

他社での借入額

返済負担率は審査の重要な指標で、マイカーローンだけでなく他社での借り入れも含めて計算します。他社に多額の借り入れがあると返済負担率が高くなり、マイカーローンの返済が困難になるため、審査の通過が厳しくなります。

年収以上の車を購入するために知っておきたい5つの対策

年収以上の車を買うのは難しいとわかっていても、「やっぱり憧れの車を手に入れたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、年収以上の車を購入するための対策をご紹介します。

頭金を多めに用意する

年収以上の車を購入するために最もベストな方法は、頭金を多めに用意することです。マイカーローンは頭金なしでも組めますが、頭金を用意することで毎月の支払額や返済総額を減らすことができます。

頭金の相場の目安は車の購入価格の総額の20~30%といわれています。さらに頭金を多めに用意できれば、年収以上の車でも負担を抑えて購入することが可能です。

返済期間を長めにとる

マイカーローンの返済期間は3~5年が一般的といわれていますが、さらに返済期間を長く設定すれば返済負担率が低くなり、高額な借り入れもしやすくなります。何年まで組めるかは借入先の金入機関によって異なりますが、最長で10年まで可能な場合もあります。

ただし、返済期間が長くなるとそのぶん返済総額も大きくなります。また、車を買い替えるタイミングで支払いが完了しておらず、ローンだけが残ってしまう場合も。返済期間を短縮するため、繰り上げ返済がおこなえるかについても確認しておきましょう。

保証人を立てる

保証人とは、ローンが支払えなくなったときに代わりに返済してくれる人を指します。通常マイカーローンに保証人は不要ですが、収入が不安定または少ない方や返済負担率が高い場合などに保証人を立てるよう金融機関などから求められることがあります。

保証人になるには年齢や安定収入があることなどの条件がありますが、引き受けてくれる人がいれば審査が通りやすくなります。

ほかのローンを完済する

マイカーローン以外の借り入れがあるとそのぶん返済負担率が高くなるため、審査が通りにくくなります。このため、完済が可能なローンがあれば、支払いを終えてからマイカーローンを申し込むことで審査が通りやすくなります。

複数の金融機関で仮審査を申し込む

マイカーローンの融資上限額は500~1,000万円程度で、金融機関により差があります。このため、500万円以上の借り入れを希望する場合は融資の上限を確認してから申し込むようにしましょう。また、審査基準も金融機関ごとに異なります。複数の金融機関で仮審査を申し込み、希望の条件で借り入れ可能なマイカーローンを見つけましょう。

できるだけ条件の良いマイカーローンを探すには

「複数の金融機関で仮審査を受けるのが大切なのはわかったけれど、銀行をいくつも回るのは忙しくて難しい……」。そんな方におすすめしたいのがクラウドローンです。

クラウドローンは、お金を借りたい個人と融資したい銀行を結ぶ国内初の融資プラットフォーム。ホームページから条件を登録しておけば、直接金融機関の担当者から希望に沿ったプランの提案を受けられます。

希望する条件で融資可能な銀行だけを一覧化できるので、自分に合ったマイカーローンを簡単に探せます。全ての手続きがオンライン上でおこなえるから、手続きのために来店する必要なし! 複数の仮審査も一度に申し込めるから、時間も手間も省けます。

まずは、希望の条件で借り入れが可能か3分診断から始めてみませんか?

無理せず返済可能な車選びも大切

年収以上のマイカーローンを組むのは、不可能ではないものの難しいということがお判りいただけたでしょうか。自分の収入に見合った車を選ばないと、ローンが組めたとしても途中で支払いが難しくなり、せっかくの愛車を手放さざるを得なくなることも。このため、無理せず返済可能な金額の車を選ぶことも大切です。

また、マイカーローンは長期にわたり返済するため、少しの金利の違いで返済総額に大きな差が生じます。複数のマイカーローンを比較して金利の低いマイカーローンを選び、負担を抑えて愛車を手に入れましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2022年08月29日
マイカーローン
教習所や自動車学校の費用はローンで払える?運転免許取得に使えるローンの種類を比較
教習所や自動車学校で普通自動車の運転免許を取得するには、20~30万円程度の費用がかかります。入校時に一括で払うのが一般的ですが、全額を用意できないときはローンを利用するのもひとつの方法です。 今回は、教習所費用に使えるローンの種類やそれぞれの特徴を紹介するほか、教習所の費用の目安、ローンで支払うメ…
2022年08月23日
マイカーローン
金利でマイカーローンの返済額はどう変わる?計算方法を紹介!
マイカーローンは、金利や返済方法の違いによって、返済額や総支払額に大きな差が生じてしまうことがあります。場合によっては、予想以上に総返済額が増えてしまうことも。 そんな事態を防ぐためにも、金利やローンの種類、返済方法についての基礎知識をきちんと身につけておきましょう。そして、マイカーローンを組んだ生…
2022年08月17日
マイカーローン
カーリースとマイカーローンのメリットデメリットどちらが得か
カーリースとは一定期間車を借りる(リース)契約のこと カーリースとは、リース会社の保有している車を一定期間借りる契約(リース契約)のことです。 車の所有者はリース会社になる リース契約では、車の所有者はリース会社で、使用者が顧客(本人)となります。レンタカーと同じ「わ」ナンバーを使うのが一般的です。…

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる