1. ホーム
  2. マイカーローン

車の修理にもローンが使える!その内容と利用する際の注意点を解説

車は購入するときだけでなく、その後も何かと出費がかさみます。定期的な点検整備や消耗品の交換、車検の費用などは事前に予定を組めますが、中には予期していなかった急な出費が発生することもあるでしょう。そのような、車に関する急な出費の際にもローンを利用できます。 では、具体的に、どのような修理やメンテナンスにローンが使えるのでしょうか。また、車の購入以外でローンを組みたいときは、どのようなローンを利用すればいいのか、例を挙げながらご説明します。

車の修理に使えるローンの種類は?

車には購入以外にも、修理などでまとまったお金が必要になる場面が多くあります。その際に利用できるローンと、その特徴についてご説明します。

マイカーローン

マイカーローンは、銀行や信用金庫などの金融機関で組むことができるローンです。車の購入はもちろん、修理や車検、他社のマイカーローンからの借り換えなど、車に関する幅広い出費に対応しています。金融機関のマイカーローンなら、金利は1%前後から3%台後半といわれています。 金融機関のマイカーローンは、金利は低めですが、審査に時間がかかります。

マイカーローン(自動車ローン)

金融機関のマイカーローンの中には、車のカスタマイズ費用として利用できるものもあります。例えば、地方銀行である横浜銀行のマイカーローン(自動車ローン)のように、車の購入や車検、修理費用以外にも車のカスタマイズ費用として利用することが可能です。車のレストアやカスタマイズにマイカーローンを利用したいという場合には、そのマイカーローンが何に利用できるのか、契約内容の詳細を確認しましょう。

多目的ローン

マイカーローンを利用するのが難しい場合は、カードローンに代表される多目的ローンを活用するのもひとつの方法です。 多目的ローンは使途不問、つまり何に使っても構わないという自由度の高さがあり、申し込んだその日のうちに融資を受けられるものもあります。 ただし、多目的ローンは金利が高めに設定されているため、借入金額によっては毎月返済する金額の負担が大きくなってしまうことにもなりかねません。多目的ローンを選択する場合には、計画的な利用が不可欠です。

マイカーローンは車の購入以外、何に利用できる?

マイカーローンは車の購入だけでなく、修理やメンテナンスにも利用できます。どのようなケースでマイカーローンを利用できるのか、見ていきましょう。

消耗品や部品の交換

マイカーローンは、車の消耗品や部品の交換に利用できます。例えば、タイヤ4本すべてを交換すると、車種によっては10万円以上になります。 また、ブレーキ周りは、ブレーキパッドの交換だけならば、前輪だけで2万円程で済みますが、ブレーキオイルが劣化してしまった場合は交換しなくてはなりません。劣化がひどい場合には、ブレーキキャリパーやマスターシリンダーのオーバーホールが必要な場合も出てくるでしょう。その費用は車種にもよりますが、2万円程度から高いものだと10万円以上になることもあります。

エンジンやミッション、サスペンションなどは、簡単に傷んでしまうものではありませんが、使っているうちに修理や交換が必要です。いずれも、車種や劣化の程度によって金額は大きく変わってきますが、場合によっては10万円単位での大きな出費になります。

車検費用

車検費用についても、マイカーローンの利用が可能です。車検の際には、法律で定められた法定整備と、それに伴う交換・補修部品の費用のほか、自動車重量税や自賠責保険料といった法定費用がかかります。法定費用は車種によって差がありますし、車検をどこに依頼するかによっても車検費用は大きく変わってきます。例えば、新車で買った車の車検をディーラーに依頼すると、その費用は10万円を軽く超えてしまうことも少なくありません。 車検費用の支払いにマイカーローンを利用する場合、自動車税(種別割)や保険料なども、まとめてローンに含めることができます。

事故による損傷修理

事故などで破損した車を修理する際にも、マイカーローンを利用できます。一般的に、相手のある事故の場合は、お互いの過失の大きさに応じて、任意に加入している保険会社が双方の損害を補償することになります。ですが、自損事故の場合、加入している任意保険では補償されなかったり、補償額が十分ではなく、修理費がまかなえなかったりすることもあるかもしれません。 また、事故による損傷は、通常使用での摩耗や劣化とは違い、損傷が広範囲に及びやすいものです。それだけに、修理費も高くなりやすいため、マイカーローンが必要となることもあるでしょう。

古い車のレストア、カスタムパーツの装着

古い車のボディのへこみを板金修理して錆を落とし、きれいに塗装してメッキをかける。さらに、エンジンやミッション、足回りなどの機能部品も交換して、見た目も走りも楽しめる1台に再生する。まさに、レストアの醍醐味ですが、実行するにはコストがかかります。新車が買えるほどの予算が必要になることも少なくありません。 このように、古い車のレストア費用などに、マイカーローンを使える場合もあります。

車の修理にローンを使う場合の注意点

車の修理にローンを使う場合、どのローンを利用するか、状況に合わせてよく検討し、判断することが大切です。ローンの金利や融資条件は、ローンによって異なります。 ローンを利用する際にチェックしたい点として、まずは、そのローンが、利用したい目的に対応しているのかどうかが挙げられます。レストアするためにローンを組みたいのであれば、レストアに使えるローンを選ばなければなりません。 また、無理のない返済計画が立てられるかどうかも重要です。借入金額と月々の返済額、返済期間などもしっかりチェックして、自分の年収とのバランスを考えましょう。 そのためには、複数の銀行・信販会社でローンの見積もりをとって、比較検討することをおすすめします。

個人と金融機関の融資マッチングプラットフォーム「クラウドローン」

最後に、最近注目を集めている「クラウドローン」をご紹介しましょう。クラウドローンは、お金を借りたい個人と、お金を貸したい金融機関とのあいだをつなぐ、融資マッチングプラットフォームという金融サービスです。

例えば、個人ユーザーが「車の修理に使いたいので、◯◯万円借り入れたい」と登録します。すると、そのリクエストに応えられる複数の金融機関から、ユーザーに直接提案が届きます。 ユーザーは、それらの提案を比較検討して1つに絞り込めたら、あとは審査を申し込み、ローンを組むという流れです。クラウドローンに登録しておけば、複数の金融機関から直接、ローンの提案を受けることができますので、手軽にローンの比較検討ができます。

幅広い選択肢を活用して、カーライフを楽しもう

車は長く乗っていると、部品交換や修理のコストがかかってきます。ですが、そうした費用にローンを使おうと思っても、どのマイカーローンを選べばいいのか、自分でいろいろ調べて比較検討するにも時間がかかります。 その点、クラウドローンであれば、自分の希望するローンの内容と借入金額を登録するだけで、複数の金融機関から提案を受けることができますので、比較検討も気軽にできます。ローンを選ぶ際のツールとして役に立つのではないでしょうか。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2022年08月29日
マイカーローン
教習所や自動車学校の費用はローンで払える?運転免許取得に使えるローンの種類を比較
教習所や自動車学校で普通自動車の運転免許を取得するには、20~30万円程度の費用がかかります。入校時に一括で払うのが一般的ですが、全額を用意できないときはローンを利用するのもひとつの方法です。 今回は、教習所費用に使えるローンの種類やそれぞれの特徴を紹介するほか、教習所の費用の目安、ローンで支払うメ…
2022年08月23日
マイカーローン
金利でマイカーローンの返済額はどう変わる?計算方法を紹介!
マイカーローンは、金利や返済方法の違いによって、返済額や総支払額に大きな差が生じてしまうことがあります。場合によっては、予想以上に総返済額が増えてしまうことも。 そんな事態を防ぐためにも、金利やローンの種類、返済方法についての基礎知識をきちんと身につけておきましょう。そして、マイカーローンを組んだ生…
2022年08月17日
マイカーローン
カーリースとマイカーローンのメリットデメリットどちらが得か
カーリースとは一定期間車を借りる(リース)契約のこと カーリースとは、リース会社の保有している車を一定期間借りる契約(リース契約)のことです。 車の所有者はリース会社になる リース契約では、車の所有者はリース会社で、使用者が顧客(本人)となります。レンタカーと同じ「わ」ナンバーを使うのが一般的です。…

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる