1. ホーム
  2. その他

ブライダルローンの特徴とメリット・デメリットを解説!ローン選びに役立つおすすめサービスも紹介

結婚式や新婚旅行など結婚にはさまざまな費用がかかるため、貯金やご祝儀だけでは足りないことも。そんなときに頼りになるのがブライダルローンです。この記事ではブライダルローンの特徴や用途、メリット・デメリットを解説。ブライダルローンの審査のポイントやローン選びに役立つおすすめのサービスも紹介しています。ブライダルローンを具体的に検討中の方はもちろん、結婚準備を始めたばかりの方にもおすすめの情報をお伝えします。

ブライダルローンとは

ブライダルローンは住宅ローンやマイカーローンのように用途を限定した「目的別ローン」のひとつで、主に次のような費用に利用できます。

  • 結婚式・披露宴の費用
  • 結婚指輪・婚約指輪の購入費用
  • ハネムーン費用
  • 新居への引っ越し費用や家電・家具などの購入費用

結婚式・披露宴費用での利用が一般的ですが、上記のような結婚にまつわる幅広い用途にも使えます。ただし、プランによっては結婚式や新婚旅行に限定していたり、挙式をしないと利用できない場合もあります。結婚式以外での利用を考えている方は注意しましょう。

ブライダルローンの種類

銀行系 ブライダルハウス系 カードローン
用途 ブライダルに限る ブライダルに限る 制限なし
金利 1.5~8% 7.5%~13% 3.0~18.0%
審査 厳しい 比較的通りやすい 比較的通りやすい
借入までにかかる期間 2~3週間 数日程度 最短即日

ブライダルローンには、銀行や信用金庫などの金融機関が取り扱う「銀行系ブライダルローン」と、結婚式場や結婚相談所などの提携する信販会社等から借り入れる「ブライダルハウス系ローン」があります。

また、ブライダルローンではありませんが、カードローンも、ブライダル目的で利用できるので合わせて見ていきましょう。

審査に自信がある方におすすめ<銀行系ブライダルローン>

銀行系ブライダルローンは、金利の低さが魅力です。そのぶん審査は厳しい傾向にあり、誰でも必ず利用できるわけではありません。審査についてはあとから紹介する「審査のポイント」をチェックしてみましょう。

また、借り入れまでに2~3週間程度かかることが多いため、早いうちからの検討がおすすめです。

忙しい方におすすめ<ブライダルハウス系ローン>

ブライダルハウス系ローンの魅力は、手軽さです。結婚式場のカウンターなどで申し込めるため、銀行の窓口に行く時間がない方におすすめです。また、自分の口座ではなく式場の口座に直接振り込んでくれる場合も多く、支払いの手間が省けます。

銀行系ブライダルローンに比べて借り入れまでにかかる期間は短めで、審査も通りやすい傾向にあります。しかし金利はやや高めなので、時間に余裕がある方は銀行系ブライダルローンも検討してみましょう。

すぐに支払いが必要なら<カードローン>

結婚式、結婚指輪の購入、新婚旅行、新居への引っ越しetc.……。ブライダルではさまざまな費用が次々と必要になるため、予定外の出費があるとお金が足りなくなることも。そんなときは、金融機関や信販会社などが取り扱うカードローンが便利です。審査期間が短くその日のうちに借りられるカードローンも多いため、支払い期限が迫っている場合におすすめです。

また、ブライダルローンは費用を一括で借り入れるため、途中で資金が不足することも。カードローンは必要なタイミングでその都度融資が受けられるので、細かく何度もお金を借りたい場合にも便利です。

ただし、カードローンはブライダルローンに比べて金利は高めです。短期間で返済可能な範囲での利用にとどめましょう。

ブライダルローンの特徴とメリット

ブライダルローンの使いやすい特徴としては下記のような点があります。

低金利で借り入れできる

ブライダルローンはカードローンなどに比べると低金利で借りられるというのも特徴です。新婚生活を始めてからカードローンを利用するのであれば、計画的にブライダルローンを組んだほうがトータルで支払う金額は抑えられます。

結婚式場に前払いできる

結婚式費用は自己資金とご祝儀でまかなえるという方も、注意すべきなのが支払い時期。当日払いや後払いに対応している場合もありますが、多くの結婚式場では結婚式の数日前までに全額前払いが必要です。結婚式費用は平均で350万円程度、料理や演出にこだわるとさらに高額になるため、一度に支払うのはなかなかハードルが高いのではないでしょうか。

クレジットカードを使える場合もありますが、現金または振り込みのみという式場も少なくありません。また、クレジットカードが使えても、結婚式費用は高額のため限度額オーバーとなることもあります。

さらに当日払いや後日払いでは、ご祝儀が思いのほか少なく支払いきれないこともありえます。前払いしておけばこのような事態が防げるため、安心して結婚式当日を迎えられます。

返済期間を自分で設定できる

ブライダルローンには自分で期間を設定できるものも多く、無理なく返済できるプランを選ベます。また、例えば5年後にマイホームを持ちたいと考えている場合、それまでに完済させることで住宅ローンの審査にも有利になります。

一部または全額繰り上げ返済が可能なプランも多いので、ご祝儀を返済に充てる予定の方は繰り上げ返済の可否や手数料についてもチェックしておきましょう。

ブライダルローンの注意点とデメリット

ブライダルローンには次のような注意点があります。利用する前にしっかり確認しておきましょう。

前提として、結婚資金は【自己資金の範囲内】で考える

なるべくなら結婚資金は自己資金の範囲内で考えるのが安全です。資金が足りなければまずは両家の両親に相談しましょう。贈与税の非課税枠が年間110万円あるので、その範囲内であれば援助を受けても贈与税はかかりません。一生に一度の結婚式ですから、お子さんの援助をしたいという親御さんも多いかと思います。

どうしてもお金が足りずにローンを組まなければならない場合は、ブライダルローンの特徴や注意点をしっかり確認しなければなりません。安易にローンに頼らずにお金が足りないなら式場のハードルを下げることも検討しましょう。

金利が発生する

ブライダルローン最大のデメリットは金利負担が発生する点です。返済期間が長いと少しの金利差が支払額に大きく影響するため、複数の見積りをとって低金利のブライダルローンを探しましょう。

借り入れまでに時間がかかる

借り入れまでの期間はブライダルローンの種類によっても変わりますが、最長で1ヵ月程度かかる場合もあります。結婚式の見積りが出たら貯金額と照らし合わせ、資金が足りない場合は早めにブライダルローンを申し込みましょう。

追加融資が出来ない

銀行系のブライダルローンは一括融資になるので、追加融資はできません。あとから資金が足りなくなったとしても、追加で借りることはできないので注意が必要です。

用途が結婚関連に限られる

ブライダルローンの用途はあくまで結婚関連に限られているため、申し込みには結婚式場や旅行会社の見積りなど用途や金額を示す書類が必要です。このため、生活資金などのほかの目的で借りることはできません。

また、利用可能な用途の範囲は金融機関や信販会社によって異なります。結婚式・披露宴のみに限定している場合もあるため、新婚旅行費用や家具・家電購入資金などをまとめて借りたい方は、対象となる用途もしっかり確認しましょう。

ブライダルローンの申込み条件

ここまでブライダルローンについて説明してきましたが、自分が借りられるか気になっているのではないでしょうか?

ブライダルローンの一般的な申込み条件は次の2点です。

  • 満20歳以上60歳以下であること
  • 安定した定期収入があること

そのほかの申込み条件は金融機関によって異なり、年収や勤続年数に条件が設けられている場合もあります。

ブライダルローン審査のポイント

ブライダルローンには必ず審査があります。どのようなポイントが重視されるのか確認しておきましょう。

年収

返済可能か判断するのが審査の目的のため、年収は特に重要な基準です。また同じ年収でも、自営業やフリーランスは会社員と比べて収入が不安定なことから、審査は厳しくなります。

勤続年数

勤続年数は3年以上あると審査に有利といわれています。反対に社会人1年生や転職したての方はすぐに辞めてしまうリスクがあるため、審査が通りにくくなります。

信用情報

「信用情報」とは、ローンの借り入れやクレジットカードの支払いなど、個人の金銭取引をまとめたものです。これまでの借入額や返済履歴が見られるほか、自己破産や債務整理、返済の遅れや滞納による強制解約など金融事故の情報も記録されています。

多額の借り入れがあったり過去に滞納などがある場合は返済が困難と判断され、審査の通過は難しくなります。

ブライダルローンを選ぶならクラウドローンがおすすめ!

ブライダルローンは金利も利用範囲も金融機関ごとに異なるため、自分に合ったローンを探すにはたくさんの見積りをとる必要があります。しかし、結婚前は準備も多く、銀行を回る余裕なんてない……。そんな方におすすめなのがクラウドローンです。

クラウドローンはスマホやパソコンから登録するだけで、融資をしたい銀行から直接プランの提案が受けられます。通常の比較サイトとは異なり「希望する条件で融資可能な銀行」を一覧化できるので、より自分に合ったブライダルローンを見つけやすいといえるでしょう。

仮審査も一度に受けられるから、銀行ごとに書類を記入する必要もありません。しかも契約までのすべての手続きをオンラインでおこなえるので、来店の手間も不要です。

まずは希望する条件で借り入れ可能か「3分診断」でチェックしてみませんか?

自分に合ったブライダルローンで賢く結婚準備をしよう

ブライダルローンは貯金やご祝儀で足りない分を補えるだけでなく、結婚式場への前払いにも役立ちます。賢く利用すれば、希望通りの結婚式を叶えたり、気持ちに余裕を持って新婚生活が始められるのではないでしょうか。

ただし、結婚後は生活費にローンの返済がプラスされることをお忘れなく。パートナーとしっかり話し合ったうえで返済計画を立て、無理のない範囲で利用することが大切です。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2022年06月21日
その他
ペットを迎える強い味方!ペットローンの種類と審査について解説
「ペットを飼いたいけれど購入費用が足りない」、「ペットが病気になり、高額な医療費が支払えない」。そんなとき頼りになるのがペットローン。 銀行とペットショップでは特徴の異なるペットローン取り扱っているので、それぞれのメリット・デメリットをチェックしてみましょう。 また、ペットローンの審査基準や審査通過…
2022年06月03日
その他
【2022年版】引っ越し費用もローンが組める?ローンの種類や選ぶポイントをくわしく解説します
転職などによる突然の引っ越しや年度末、年末はなにかと出費がかさむ時期。中には家具や車を購入しなければいけなくなることも。 引っ越し費用をまとめて用意するのが厳しい場合や新生活に向けてお金を確保しておきたい方は、引っ越しローンの借り入れを検討してみましょう。比較的利用しやすいローンのため、ぜひご検討く…
2021年12月25日
その他
引越し費用もローンを利用できる?引越しローンの特徴を解説
進学や就職、転職、転勤、結婚など、引越しの機会は意外と多くあります。引越しには、引越し業者に依頼する費用のほかにも、敷金や礼金をはじめとする諸費用もかかるため、高額な引越し費用が必要になることもあるでしょう。しかし、高額な引越し費用をすぐに支払えない場合、ローンを利用することも可能です。 ここでは、…

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる